脱毛サロン・医療脱毛ナビ > 脱毛お役立ちコラム > 日本の脱毛とは大違い!フランスやアメリカの脱毛事情。

日本の脱毛とは大違い!フランスやアメリカの脱毛事情。

この記事は約 4 分で読めます
[更新日]2019年2月4日 177 -

最近は、脱毛サロンで気軽に脱毛できる時代になりましたね。

人気モデルや芸能人も、脱毛サロンに通っていることを隠さずに公表するなど、脱毛に対する意識も昔とはだいぶ変わったなと感じます。

しかし、海外の脱毛事情と比較すると、日本の脱毛はまだまだ遅れているようです。

【海外の脱毛事情】

海外のムダ毛処理というと、特に欧米では意識が高いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

フランスの脱毛事情

流行に左右されず、「自分は自分」と自分の意志や個性を大事にするイメージがあるフランス。

腕や脚に関しては、個人個人で考えや好みも違い、キレイにムダ毛処理をしている人もいれば、生えっぱなしでも気にならないという人もいるようです。

ただ、VIOは女性だけでなく、男性もパートナーのことを想ってしっかり脱毛するのが常識という国です。

フランス人にとって、デリケートゾーンは専門のソープを使用して洗うほど気を遣う部分であり、アンダーヘアは「不潔」という考えです。

アメリカの脱毛事情

嫌なことは嫌だ自己主張がハッキリしていて、セクシーな女性が多いイメージのあるアメリカ。

高校生くらいになると、女の子は、オシャレや衛生面からVIO脱毛を始めるのだそうです。

VIOは、毛を残すにしてもきちんと整えてあることが、最低限のエチケットです。

アメリカも、フランス同様、腕や脚などのムダ毛には寛容ですが、VIO脱毛はして当然!という国のようです。

日本の脱毛事情

日本人女性だと、脚や腕、脇など見える部分は、丁寧にムダ毛処理をするけれど、見えない背中や、デリケートゾーンの脱毛には無頓着という人が多いのではないでしょうか。

フランスやアメリカとは正反対ですね。

腕や脚の脱毛に関しては、体毛の色も関係があるのでしょう。

黒い体毛が目立つ日本人とは違い、フランス人やアメリカ人の多くは、体毛の色が薄く、腕や脚は脱毛しなくてもあまり目立たないということもあるのかもしれませんね。

フランス・アメリカではVIO脱毛は必須

欧米では、VIO脱毛が広く行われるようになった結果、ケジラミが激減し、衛生状態が改善したという歴史がありますから、未処理のアンダーヘアは 「不潔」以外のなにものでもありません。

それどころか、きちんとVIO脱毛していない女性は、大人の女性とは認められないそうです

デリケートゾーンをキレイに処理することは、見た目の好みももちろんありますが、ケジラミなどの性病を恋人に感染させることがないようにするためでもあり、いわば恋愛のエチケットなんです。

ハイジニーナとは衛生的という意味

VIO脱毛のことを「ハイジニーナ脱毛」とも呼びますが、ハイジニーナは、衛生的なという意味があります。

デリケートゾーンというのは、ただでさえ蒸れやすい場所ですよね。

体毛があると、汗や汚れが留まりやすくなるため、雑菌が繁殖し、臭いを発生させるということは知られているのに、なぜ日本ではデリケートゾーンのムダ毛処理はして当然という流れにならなかったのか、不思議です。

世界中で、清潔な国と褒められる日本なのに、デリケートゾーンは不潔だったなんて驚愕ですね。

VIO脱毛に感心が薄い国

欧米に限らず、海外ではデリケートゾーンの脱毛はやってて当然という国が多いです。

VIO脱毛が一般的でないのは、日本や中国、韓国などアジアの一部しかありません。

そのため、交際しているのが外国人男性だった場合、日本人女性のデリケートゾーンを見て、一気に愛情が冷めることもあるそうです。

欧米人の体毛は色自体も薄く、毛質も柔らかいので、日本人の真っ黒な体毛は、余計に不潔に見えてしまうようです。

フランス・アメリカのVIO脱毛はワックスが主流

フランスやアメリカでは、「ブラジリアンワックス」でのムダ毛処理が主流です。

ワックス脱毛は痛いというイメージがありますが、 欧米人の体毛は、毛質が柔らかく細い人が多いので、はがす時の痛みは少ないようです。

キレイが長持ちすることや、徐々に生えてくる毛が柔らかくなるといったことで人気があります。

日本のように、脱毛専門のサロンはないので、エステサロンでワックス脱毛を受けたり、自分で行う人も多いようです。

欧米人にとっての「ブラジリアンワックス」は、日本でいう「カミソリ」と同じような位置にあるムダ毛処理アイテムというわけです。

海外旅行に行くなら 脱毛しておくのがオススメ

海外旅行に行くなら、できるだけ脱毛はしておいた方がいいという理由は、衛生面です。

海外では、まだシラミの脅威が続いている国も多く、特に怖いのが「ケジラミ」などの寄生虫です。

ケジラミは、 デリケートゾーンの毛に好んで住みつきます。
動き回ることはなく、毛にしがみつきながら血を吸って生き、放っておくと卵を産み、どんどん増えていきます。

VIO脱毛をすると、つかまる毛がありませんから、感染を防ぐことができます。

ケジラミは性行為だけでなく、タオルや布団を介しても感染してしまうので、特に暑い国や、衛生状態が良くない国へ行く場合は注意してくださいね。

コメントをする

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。